北京・天津の医療 記事

お医者さんの御用達~第231回「カルシウムサプリメント」

topmain

カルシウムで骨粗鬆症防止を

――最近、日本にいる親が骨折したと聞いて、心配しています…。

先生 親御さん世代だとそろそろ骨粗鬆症が心配ですね。
骨粗鬆症とは骨量(骨密度)が低下し、骨がもろくなる病気です。
少しの衝撃で、または自分で気づかないうちに骨折し、寝たきりになるなどが心配されます。
一般的に「老化かな?」と思われる、背中が曲がる、腰が痛む、背が縮むといった症状も、実は骨粗鬆症による骨折の可能性があります。

――ほぉ。歳をとると背が縮むのは、骨に原因があったのですね。

先生 はい。ただ覚えておいてほしいのは、骨粗鬆症はなにも歳をとってからの症状ではありません。
人間の骨量は30歳くらいをピークに、以降は減少の一途を辿ります。
一度失われた骨量を取り戻すのは難しいため、子どものうちから骨量を蓄え、それを維持することが重要です。

――具体的には、何をすればいいのですか?

先生 骨を作るカルシウムとその吸収を助けるビタミンDを食事から摂取しましょう。
積極的な屋外運動も骨を強くします。
食事から摂るのが難しい場合は、サプリメントを併用してみましょう。
ただしサプリはあくまで食生活の補助。
効果的な摂り方は、医師に相談してください。

doctor

~北京・天津ジャピオン2015年7月20日号

上海天益成広告有限公司 株式会社ベイエリア

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。