北京・天津の医療 記事

お医者さんの御用達 ~第112回 ビタミンDドロップ

top

 

doc

 

骨の成長に重要なビタミンD

――先生、今回は「ビタミンD」について、お話いただけるそうですね。

先生 はい。
ビタミンDは骨の成長や骨格の構築、免疫システムに関わりが深いとされており、最も不足しがちな栄養素と言われているんですよ。

――ほぉ。
なぜ不足してしまうのでしょう?

先生 ビタミンDを豊富に含む食べ物としてサーモンやマグロ、イワシなどの青魚といった脂の乗った魚類が挙げられますが、ほかに豊富に含まれる食べ物が極端に少ないんです。
また、日光浴によって体内での合成が可能ですが、日焼け止めを塗ると合成が妨げられてしまうため、現代においては体内合成も難しいのが現状です。
ビタミンDが不足すると、頭蓋骨軟化といった骨の異常を引き起こしたり、うつ状態になりやすくなると言われているんですよ。

――そうなんですか!?
それは怖いですね…。

先生 医療業界ではビタミンDに関する論文が毎週のように発表されていますが、その働きの多くは未知数です。
1日の摂取量は、1歳~大人で600IUが必要です。
副作用のない栄養素ですから、欠乏症による諸症状が出る前の予防として、サプリメントの摂取をおすすめします。
また、ビタミンDは母乳にも含まれていないので、1歳未満の乳児には、1日の摂取量である400IU程度のサプリメントを与えるようにしましょう。

prof

 

取材協力先/北京ユナイテッドファミリー病院

 

~北京ジャピオン2013年1月28日号

上海天益成広告有限公司 株式会社ベイエリア

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。