北京・天津のニュース 記事

北京11月のPM2.5濃度 重度汚染で前月比60%上昇

【北京12月13日】環境保護部は12月13日(日)、今年11月の北京・天津・河北省及び各直轄市・省74都市の空気レベルを発表した。
これによると、華北地区で発生した重度汚染の影響により、北京の11月のPM2.5平均濃度は1立方メートルあたり118マイクログラムに達し、前月比59.5%上昇した。
環境保護部環境監測司長によると、北方地区では11月の集中暖房供給の開始に伴い、排気汚染と不利な気象条件の影響を受け、東北、華北地区で広範囲にわたる重度汚染が発生。
11月27日(金)~12月1日(火)には、北京・天津・河北省内13都市のうち10都市で重度汚染が出現した。
このうち、PM2.5の1日及び1時間の最大平均濃度は保定市の1立方メートルあたり513マイクログラムと740マイクログラムで、北京市ではそれぞれ464マイクログラム、605マイクログラムだった。
また、11月の北京の重度汚染日は5日間、深刻な汚染日は4日間で、前年同期比より4日増だった。

~北京・天津ジャピオン2015年12月21日号

北京・天津のニュース ページランキング トップ10★

    None Found
上海天益成広告有限公司 株式会社ベイエリア

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。