北京・天津のニュース 記事

清華大学実験室で爆発事故発生 水素による化学実験が原因か

【北京12月18日】清華大学化学科楼2階の実験室で2015年12月18日(金)10時頃、爆発による火災事故が発生した。
この事故により、現場にいた同大の博士1人が死亡した。
北京市安全生産監督管理局公式サイトの発表によると、事故発生当時、亡くなった博士は水素を使った化学実験を行っており、実験中に爆発が起こったものと見られる。
事故当初の写真と映像によると、実験室から突然、火柱と黒煙が上がり、バチバチという音が鳴り響いた。
建物内にいた学生は、ドラム缶が落下したかのような爆発音がしたと話している。
事故現場の実験室の窓は爆発で吹き飛ばされ、窓ガラスが割れ、ベランダのフェンスも落下。
建物内には化学薬品の匂いが充満し、隣接する建物の外壁も黒煙で黒ずんでいた。
目下、事故の原因は調査中だとしている。

 

 

~北京・天津ジャピオン2016年1月4日号

北京・天津のニュース ページランキング トップ10★

    None Found
上海天益成広告有限公司 株式会社ベイエリア

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。