北京・天津のニュース 記事

北京市のH7N9感染例は27人 農村旅行での家禽処理に要注意

【北京7月11日】北京市疾病予防控中心は7月11日(火)、H7N9(鳥インフルエンザA)の状況を報告した。これによると、北京では今年、27人の感染例が報告され、そのうち6人が死亡したことがわかった。

同センターの副主任によると、今年は中国全土にわたり感染例が多く、発病率が高く、北京も例外ではないという。現在に至るまで、市内で報告された感染例は27人で、そのうち北京での感染例は13人、輸入性感染例は14人で、主に北京周辺省市からとなっている。また、前者13人のうち6人が死亡、6人が治癒、1人が治療中、後者14人のうち11人が治癒、3人が治療中。なお、ヒトからヒトへの感染例は報告されていない。

同センターでは、夏休みの旅行シーズンに農村へ赴く際、家禽の処理場には近づかないよう注意を促している。

~北京天津ジャピオン2017年07月17日号~

 

北京・天津のニュース ページランキング トップ10★

    None Found
上海天益成広告有限公司 株式会社ベイエリア

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。