北京・天津のニュース 記事

北京軌道交通燕房、S1、西郊線 年末開通に向けテスト運行開始

【北京9月16日】北京市交通委員会は9月20日(水)、同日より軌道交通燕房線、S1線、西郊線の無人テスト運行を開始するとした。3路線はともに年内開通を目指す。

燕房線は全長16・6kmに9駅を設置。4両編成で定員は960人。閻村北駅で房山線との乗り換えが可能となる。

また、北京市初の低中速リニアモーターカーであるS1線は、全長10.2kmに8駅を設置、6両編成で定員は950人。稼働時の振動や騒音が少なく、安全性も高いとしている。なお、年末までに石門営―金安橋駅間の運行を予定しており、将来的には石門営―苹果園駅間をわずか十数分で繋ぐ。

一方、北京市初の軌道電車となる西郊線は、全長約9km。開通後は香山、頣和園、植物園など8カ所の公園を繋ぐため、〝最も美しい観光線〟との称号を得ている。

~北京天津ジャピオン2017年09月25日号~

北京・天津のニュース ページランキング トップ10★

    None Found
上海天益成広告有限公司 株式会社ベイエリア

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。