北京・天津のニュース 記事

人口調整制御政策の影響を受け 北京市常住外来人口が初の減少

【北京9月22日】北京工業大学、北京市委社会工作委員会らは9月21日(木)、「社会建設ブルーブック:2017年北京社会建設分析報告」を発表した。これによると、2016年の北京常住外来人口が2000年以降、初めて減少する見込みであることがわかった。

「北京統計年鑑」と「北京市2016年国民経済と社会発展統計公報」によると、2016年の北京市常住人口は2172.9万人で、前年度末比で2.4万人増。そのうち北京市戸籍人口は1362.9万人で、前年度末比で17・7万人増に対し、常住人口の37.2%を占める常住外来人口は807.5万人で、前年度末比で15・1万人減となっている。

市統計局のデータによると、2010年以降、北京市常住人口は年々増加が減速しており、とりわけ2015年と2016年は如実に減少している。北京工業大学人文社会科学院教授は、北京市人口調整政策の影響力が大きいとしている。

~北京天津ジャピオン2017年10月09日号~

北京・天津のニュース ページランキング トップ10★

    None Found
上海天益成広告有限公司 株式会社ベイエリア

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。