北京・天津のニュース 記事

故宮の壁の一部が剥がれ落ちる リスクの早期発見体制強化へ

【北京12月24日】故宮博物院の正面入り口である午門の外壁が、12月24日(日)午前11時ころ強風で剥がれ落ちた。観光客にけがは無かった。

剥がれ落ちたのは午門にある左右ふたつの通路の上部。故宮博物院はただちに観光客を安全に誘導し、現場を封鎖した。また、剥離した残骸を片付けるとともに、応急処置として、さらに剥がれ落ちる危険のある壁の一部も取り除いた。

現在午門の左右通路には立ち入り禁止テープが張られ、観光客は中央通路から故宮に入るようになっている。

故宮博物院によると、歴史的建造物は壁の内部に含まれる水分が多く、寒い季節は凍結膨張で空洞が生じて剥離しやすくなる。なお、12月23日(土)には、北京市気象局から強風ブルー警報が発令されていた。

午門の本格的修復工事は、気温の上がる季節を待って行われる見込み。

~北京天津ジャピオン2018年1月1日号~

北京・天津のニュース ページランキング トップ10★

    None Found
上海天益成広告有限公司 株式会社ベイエリア

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。