北京・天津のニュース 記事

「禁煙条例」実施から2年半経過 北京の喫煙者数は20万人減に

【北京1月12日】北京市人民政府新聞弁公室、北京市衛生和計画生育委員会は1月12日(金)、ニュース発表会の席上で、2015年6月1日より実施された「北京市禁煙条例」から約2年半で北京市の成人の喫煙率は22・3%、喫煙者数は約399万人と、約20万人減少したと発表した。

北京市衛生監督執法員が昨年、各種禁煙場所12万1621カ所にて検査を実施したところ、合格率が高かったのは医療機関、学校、ホテルの順だった。一方、同年に「12320」ホットラインが受理した喫煙に関するクレームは1万1662件で、クレームの多かった場所はオフィスビル、レストラン、住民ビルの通路で、それぞれ41・95%、25・99%、7・76%だった。

また、昨年9~11月に市内16区1227カ所の公共場所及びタクシー224台に対し覆面調査を行った結果、タバコの吸い殻が発見されたネットカフェ及びKTVは約2割、乗客に車内での喫煙を許可するタクシー運転手も約2割だった。

~北京天津ジャピオン2018年1月22日号~

北京・天津のニュース ページランキング トップ10★

    None Found
上海天益成広告有限公司 株式会社ベイエリア

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。