北京・天津のニュース 記事

今秋実施の高校教育課程改定で独、仏、スペイン語が加わる

【京津1月16日】教育部は1月16日(火)、2017年版普通高等学校教育課程案と14の標準科目を発表した。外国語では従来の英語、日本語、ロシア語の3カ国語に、ドイツ語、フランス語、スペイン語が加えられた。新しい課程案と科目は、今秋から実施される。

近ごろでは、高校で学ぶ外国語の種類を増やす傾向にあり、今回ドイツ語、フランス語、スペイン語が選ばれたのは国際交流が主な目的。これらの言語は世界で広く使われ、国際的な場での使用頻度も高いため。とはいえ、これらがすぐに大学入試科目となるわけではない。外国語に関しては、今後の情勢に応じて数を増やしていく予定。

また外国語の外に、重力波、人工知能、ビッグデータ・アナリティクスなども関連科目の内容として新たに加えられた。

~北京天津ジャピオン2018年1月22日号~

北京・天津のニュース ページランキング トップ10★

    None Found
上海天益成広告有限公司 株式会社ベイエリア

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。