北京・天津のニュース 記事

学生もストレス過多 睡眠障害が低年齢化

【北京3月20日】3月21日(水)の〝世界睡眠デー〟に先立ち、朝陽医院で19日(火)、睡眠検診イベントが開催された。

同院の呼吸睡眠センター主任によると、睡眠障害の外来患者のうち約半数が不眠症で、主に中高年が多いものの、低年齢化の傾向がみられるという。中でも呼吸の乱れが突出しており、体内時計が狂い出すと睡眠障害が起こる可能性を指摘している。

同主任は、睡眠障害は学習、記憶、感情などに影響し、心理疾患に至る場合もあるとし、長期の場合は慢性疲労症候群や高血圧、心臓病などの原因になると指摘。薬を服用する際は、専門医の指導が必須だと勧告している。

~北京天津ジャピオン2018年3月26日号~

北京・天津のニュース ページランキング トップ10★

    None Found
上海天益成広告有限公司 株式会社ベイエリア

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。