北京・天津のニュース 記事

列車運行ダイヤ改訂 超高速「復興号」増便

【北京3月25日】最近、中国鉄路北京局は4月10日(火)より最新の列車運行ダイヤを施行するとした。これにより、北京南―上海虹橋駅間を結ぶ京滬高速鉄道の最短運行時間は4時間18分で、6分間短縮される。

このほか、京滬高鉄には「復興号」を8台増便、北京―天津駅間を結ぶ京津城際には「復興号」を31台増便する。これにより京津城際の「復興号」の割合は8割となり、全国で最も多い路線となる。

「復興号」は最高時速300kmの動車組列車を最高時速350kmにバージョンアップした超高速列車。2017年6月より京滬高鉄にて運行を開始している。

~北京天津ジャピオン2018年4月2日号~

北京・天津のニュース ページランキング トップ10★

    None Found
上海天益成広告有限公司 株式会社ベイエリア

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。