北京・天津のニュース 記事

乾隆帝の愛した丁香 戒台寺から圓明園へ

【北京3月27日】門頭溝区馬鞍山にある戒台寺で3月27日(火)、チョウジノキ(クローブ、丁香)を圓明園に返還(移植)する儀式を行った。

今回、園内西部に移植されるチョウジノキは樹齢約30年で、一週間前後で花が開花するという。

戒台寺のチョウジノキには歴史があり、乾隆帝が1753年に同寺を始めて訪れた際、緑一色の単調な景色に色彩を加えるため、圓明園から20本のチョウジノキを移植させたと記載されている。

~北京天津ジャピオン2018年4月2日号~

北京・天津のニュース ページランキング トップ10★

    None Found
上海天益成広告有限公司 株式会社ベイエリア

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。