北京・天津のニュース 記事

北京、30年ぶりに4月の「春の雪」131便遅延など交通に影響も

【北京4月5日】北京市気象台は4月4日(水)15時45分、大雪ブルー警報を発令。この日は夕方から夜にかけて北京の広い地域で中~大雪が降り、5日(木)明け方にかけて次第に収束した。

上空の寒気と気圧の谷の影響を受けて降り出した雪は、4日22時までに全市平均で8・9センチの降雪量を記録した。降雪量が最も多かったのは延慶区西大庄科の16・3センチ。

気象部門によると、北京の「4月の雪」は過去12回観測されているが、直近が1988年なので、今回の雪は実に30年ぶりの「4月の雪」となった。ちなみに観測史上最も遅かったのは1959年の4月21日。

時ならぬ大雪で、一般道路の渋滞や高速道路の一部閉鎖、山沿いを走る路線バスの運行取りやめなど、交通機関にも大きな影響が出た。華北地域の空港では大規模な運行遅延緊急対応体制イエロー警報が発動され、北京首都国際空港では131便が出発遅延、17時の時点で8便が欠航した。

~北京天津ジャピオン2018年4月16日号~

北京・天津のニュース ページランキング トップ10★

    None Found
上海天益成広告有限公司 株式会社ベイエリア

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。