北京・天津のニュース 記事

17年の商品住宅価格値上げ幅 長江デルタ都市が4割を占める

【北京5月14日】中国社会科学院城市発展与環境研究所、社会科学文献出版社は5月14日(月)、「建物・不動産青書:中国建物・不動産発展報告2018」を発表した。これによると、2017年の新築商品住宅価格の値上げ幅の上位10都市のうち、長江デルタ都市が4割を占めた。

報告によると、前記の10都市は無錫(江蘇省)、合肥(安徽省)、厦門、広州、長沙、鄭州、恵州、南京、揚州、西安の順で、無錫の値上げ幅は17・8%、合肥は16・7%、厦門は16%、10位の西安が12・5%だった。上位10都市のうち、一線城市は広州のみ、三線都市は2都市(恵州、揚州)がランクインした。

一方、中古商品住宅価格の値上げ幅の上位は広州、無錫、武漢、鄭州、長沙、厦門、杭州、南京、北京、福州の順だった。

~北京天津ジャピオン2018年5月21日号~

北京・天津のニュース ページランキング トップ10★

    None Found
上海天益成広告有限公司 株式会社ベイエリア

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。