北京・天津のニュース 記事

北京の四川料理店は4千店減に 健康志向により外食産業に変化

【北京5月28日】最近、大手出前アプリの「美団」が発表した「中国餐飲報告2018」によると、17年に北京の四川料理店は前年比で約4000軒減少したことがわかった。

データによると、四川料理店は中国全土で1年間に約4万軒減っており、そのうち北京は約4000軒、上海では約3000軒の減少、本場の重慶、成都でさえも減少傾向にあるという。

一方、中国全土で増加しているのは甘口味を売りとした飲食店で、1年間で282万軒増、食材や健康をテーマとした飲食店がブームとなっていることがわかった。

また、昨年に海外に出店した中国飲食チェーンは少なくとも16ブランドで、目下、海外への出店数は合計約60万軒に達している。米国人の3分の2は毎月1回、中華料理を食べているという。

~北京天津ジャピオン2018年6月4日号~

北京・天津のニュース ページランキング トップ10★

    None Found
上海天益成広告有限公司 株式会社ベイエリア

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。