北京・天津のニュース 記事

著名作曲家が「海底撈」を起訴 無許可で店内のBGMに使用か

【北京6月11日】最近、大手火鍋チェーン「海底撈(ハイディラオ)」が著名な作曲家である林海(リン・ハイ)氏の著作権を侵害したとして、林海氏本人により海淀区人民裁判所に起訴されたことがわかった。

起訴状によると、被告は許可を得ずして原告の『琵琶語』、『対歌』、『黛玉傳』などの音楽作品を店内で繰り返し放送しており、これらの行為は著作権の侵害に当たり、原告に膨大な経済的損害を与えたとしている。

これに対し海底撈側は、裁判所から起訴に関する通知を受けていないと回答。林海氏とは2015年11月に音楽作品のライセンス契約を締結しており、店内のBGMとして使用する許可を得たうえで費用も支払い済みだとしている。なお、契約は17年11月18日に満了していた。

林海氏は数々の映画音楽や08年北京五輪のPR曲などを手がけたことでも知られ、フェイ・ウォン(王菲)ら有名ミュージシャンの楽曲の制作にも携わっている。

~北京天津ジャピオン2018年6月18日号~

北京・天津のニュース ページランキング トップ10★

    None Found
上海天益成広告有限公司 株式会社ベイエリア

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。