北京・天津のニュース 記事

順義区で突風に煽られ外壁落下 通行人3人が負傷する事故に

【北京7月5日】順義区の住宅兼オフィスビル「当代北辰悦君家園」で7月5日(木)18時頃、ビルの外壁の断熱シートが突風により剥がれ落ち、通行人3人が負傷する事故が発生した。

3人の負傷者のうち、2人の若い女性は脚部を負傷、63歳の女性は頭部に大ケガを負った模様で、病院に運ばれ、応急手当を受けたという。

事故の目撃者によると、ビル外壁の大判の断熱シートが女性の頭上に激突、女性は頭部から流血し、路上に倒れた。傍には断熱シートが散乱していた。

同ビル周辺を管轄する旺泉街道事務所によると、事故当時、順義区では8級(風速17・2~20・7m)以上の突風が吹いており、これにより断熱シートが剥がれ落ちた模様。また、断熱シートは20mの高さから落下しており、その際に薄いコンクリート片も一緒に落下していた。事故後、同事務所はビル周辺の店舗をすべて閉めるよう要求、周辺に警戒線を敷き、建物の壁に対する検査を行うよう指示している。

~北京天津ジャピオン2018年7月16日号~

上海天益成広告有限公司 株式会社ベイエリア

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。