北京・天津のニュース 記事

5000年前の「山東の巨人」国家博物館で復元展示される

【北京7月10日】中国国家博物館、山東大学、山東省文物局、済南市人民政府の共同主催による「礼出東方―山東焦家遺跡考古発見展」が7月10日(火)開幕し、5000年前の「山東大漢(大男)」の復元された人骨が話題を呼んでいる。

山東省済南章丘の焦家遺跡M184号墓から発見されたこの人骨は身長が1・9メートルあり、これまでの古代人類の体格についての認識を覆した。これについて専門家は、当時は農業や畜産が発達して食料が豊富にあり、栄養状態がよかったと推測する。

焦家遺跡は、新石器時代後期に山東省を中心に広がった大汶口文化の遺跡。総面積100平方mを超え、古代社会を研究する上での貴重な資料が多数発見された。

展示は9月9日(日)まで。「山東大漢」以外の復元人骨や、230点あまりの文物も公開される。

~北京天津ジャピオン2018年7月16日号~

北京・天津のニュース ページランキング トップ10★

    None Found
上海天益成広告有限公司 株式会社ベイエリア

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。