北京・天津のニュース 記事

今年上半期の平均可処分所得 北京は上海と共に3万元を突破

【京津7月24日】国家統計局は7月16日(月)、2018年上半期(1月~6月)における31行政区の可処分所得を発表した。これによると全国1位の上海と2位北京の上半期平均可処分所得は3万元を超え、浙江省と天津も2万元を超えた。

可処分所得の全国平均は14063元。前年と比べ、価格要因を控除した実質で6・6%の増加となった。

行政区ごとの平均可処分所得額は、上海で32612元、北京は31079元。これに加えて浙江省、天津、江蘇省、広東省、福建省、遼寧省、山東省のトップ9行政区が全国平均を上回った。

~北京天津ジャピオン2018年7月30日号~

北京・天津のニュース ページランキング トップ10★

    None Found
上海天益成広告有限公司 株式会社ベイエリア

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。