北京・天津のニュース 記事

飲食業界に〝トイレ改革〟発布 清掃検査や消毒回数も規定

【北京8月4日】最近、北京市食品薬品監督管理局と関連部門は、国内初となる飲食業界のトイレに関するガイドラインを発表した。

同ガイドラインは約40条の規定があり、「環境衛生制度の制定」や「食品処理区内にトイレを設置してはならない」といった基本的な要求以外に、客用トイレの外部・内部の環境、設備、清掃、消毒などの詳細を規定しているという。

トイレの外部・内部の環境においては具体的に、通気性を保ち、臭いや異臭がないこと、除臭のための通気設備があり、なおかつ正常に機能していること、適した照明があること、水漏れがなく乾燥が保たれていることなどが規定されている。

また、消毒時間と回数においては、普通の時間帯は60分に一度、食事客で混み合う時間帯には15分に一度、清掃の検査を行い、これを記録、トイレの全面的な消毒は1日に最低1回、蛇口、手すり、ハンドドライヤー、洗面所、通気口の消毒は1日に最低4回実施するよう規定している。

なお、中国最大の口コミ投稿サイト「大衆点評」では、消費者による評価項目のひとつとして「レストランの客用トイレ」の項目を増やす予定だとしている。

~北京天津ジャピオン2018年8月13日号~

北京・天津のニュース ページランキング トップ10★

    None Found
上海天益成広告有限公司 株式会社ベイエリア

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。