北京・天津のニュース 記事

交差点に顔認証システム導入 信号無視の歩行者はさらし者に

【天津8月13日】近ごろ天津市の南京路と営口道の交差点に大型スクリーンが設置された。スクリーン上には赤信号を無視した歩行者の顔が映し出されるしくみ。これにより歩行者の交通マナー向上が期待される。

赤信号で歩行者が交差点に入ると、まず「赤信号です、歩道に戻ってください」と音声が流れる。それでも無視して歩き続けると、顔が大型スクリーンにさらされ、罰金などの処分を受ける。〝電子警察〟と呼ばれるこのシステムは、今後天津の主要交差点に次々と設置される見込み。

画像は赤信号で渡り始める前、渡っている時、渡り終わった時の3枚を撮り、顔認証システムで個人を特定する。また今後は信号無視の画像と違反した場所をインターネットにアップする方向。罰金などの処分を受けると画像は削除される。

警察によると〝電子警察〟設置後1週間で50人あまりが顔をさらされ処分を受けた。

~北京天津ジャピオン2018年8月20日号~

北京・天津のニュース ページランキング トップ10★

    None Found
上海天益成広告有限公司 株式会社ベイエリア

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。