北京・天津のニュース 記事

「19年胡潤富豪ランキング」 北京は4年連続で〝富豪の都〟に

【北京2月20日】中国の調査機関「胡潤研究院」が2月26日(火)に発表した「2019年胡潤世界富豪ランキング」によると、富豪の居住都市として北京が4年連続でトップに、〝世界10億ドル富豪の都〟に輝いた。

北京在住の資産10億ドル(約1105億8350万円)以上の富豪数は103人に上った。次いで2位が米ニューヨーク(92人)、3位は中国香港(69人)、4位は深セン(67人)、5位が上海(66人)。上位20都市のうち、中華圏が7都市を占めた。国別においても2位の米国(総数584人)を抑え、中華圏が首位を死守した。

一方、北京在住の富豪総数は前年比で28人減少、中国在住の富豪総数は658人で、前年比161人と大幅に減少している。

なお、中華圏の富豪のトップは中国EC最大手アリババグループの創業者であるジャック・マー(馬雲)ファミリー(資産2600億元)だった。世界の富豪ランキングでは22位だった。2位は18年には中華圏のトップだったインターネット関連サービス大手、騰訊(テンセント)CEOの馬化騰(2550億元)、3位は不動産デベロッパー恒大集団CEOの許家印(2500億元)だった。

~北京天津ジャピオン2019年3月4日号~

上海天益成広告有限公司 株式会社ベイエリア

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。