北京・天津のニュース 記事

龍慶峡冰灯節の13人死傷事故 自然災害による事故と断定

【北京228日】延慶区は最近、「龍慶峡冰灯(氷の灯籠)展示区」で28日(金)に発生した落石事故の原因について、調査の結果、自然災害による突発的な事故だと認定した。

調査チームおよび専門家の調査によると、現地の両側は燕山山脈で、延懐盆地北縁の断裂帯にあたる。炭酸塩岩からなる斜面は高さ約160㍍、今回の落石は頂上から約100㍍地点の岩石が落下する過程で斜面に衝突して砕け、岩石の破片が展示区の天井を突き破ったものとみられる。延懐盆地では25日(火)、深さ16㌔メートル地点でM2.0の地震が発生しており、今回の落石への影響も考えられるという。

この事故により観光客13人が負傷、1人が死亡している。

~北京天津ジャピオン2019年3月11日号~

上海天益成広告有限公司 株式会社ベイエリア

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。