北京・天津のニュース 記事

春到来、北京市の各公園の桜 例年より早く見ごろを迎える

【北京3月12日】北京市気象サービスセンターが3月12日(火)に発表したところによると、今年北京では早咲き品種の杭州早桜が3月18日(月)ころに開花し、22日(金)ころには見ごろとなる見込み。これは例年の平均開花時期より早く、昨年の3月26日よりも1週間ほど早い。

同センターによると、今年は3月中旬の平均気温が例年同時期より高いため、桜の開花が早まった。

玉淵潭公園でも杭州早桜が昨年より約1週間早い18日ころ開花すると発表した。また、促成栽培による福建山桜や椿寒桜なども次々と開花する。同公園では自然交配で生まれた2株のしだれ桜が必見。すらりと優雅な風情の立ち姿を鑑賞できる。

桜のほかにも、陶然亭公園月季園のオウバイやシダレモウコアンズ、北京植物園臥仏寺や香山公園梅谷のロウバイ、景山公園のハクモクレンなどが次々と開花し、訪れた人たちの目を楽しませている。

~北京天津ジャピオン2019年3月18日号~

上海天益成広告有限公司 株式会社ベイエリア

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。