北京・天津のニュース 記事

1~2月の北京経済状況報告 市民消費物価は1.7%上昇

【北京3月15日】北京市統計局は3月15日(金)、公式サイトで今年1~2月の北京の経済状況を発表した。これによると、同期間の北京市民の消費物価は前年同期比で1.7%上昇した。

このうち食品価格は2.1%、非食品価格は1.7%、消費品価格は1.4%、サービス項目価格は2.2%、それぞれ上昇した。

また、同期間の社会消費品小売総額は前年同期比3%増の1793億8000万元。形態別では商品小売額が2.5%増の1609億4000万元、飲食収入が7.3%増の184億400万元だった。このうち一定規模以上の卸売り・小売業企業によるEC(電子商取引)小売額は23.4%増の444億1000万元だった。

~北京天津ジャピオン2019年3月25日号~

上海天益成広告有限公司 株式会社ベイエリア

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。