北京・天津のニュース 記事

故宮の天灯・万寿灯 公益オークションへ

【北京3月15日】故宮博物院は3月15日(金)、紫禁城で過大年(年越し)」イベントの際に展示した「天灯(ランタン)」と「万寿灯」の復元品を公益オークションに出品することを明らかにした。オークションの売上は、貧困地区の教育及び文化事業のために全額寄付する計画だという。

故宮博物院院長によると、「天灯」と「万寿灯」は同院の文書所蔵品研究の成果によって復元・制作されたもので、傘下企業の北京故宮文化傳播有限公司が出資・制作を請け負っていた。今年の春節前のイベントで乾清宮前の丹陛(朱色のきざはし)に飾られ、イベントの目玉のひとつとして話題を呼んでいた。

~北京天津ジャピオン2019年3月25日号~

上海天益成広告有限公司 株式会社ベイエリア

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。