北京・天津のニュース 記事

18年の来中留学生は49万人 国別トップは韓国の5万人

【京津4月13日】教育部公式サイトは最近、2018年の来中留学生数を発表した。これによると、同年の留学生総数は前年比3013人増加の49万2185人だった。

地域別でみると、アジア諸国からの学生数が59.95%を占めた。続いてアフリカ諸国が16.57%、欧州が14.96%だった。

国別でみると、トップは韓国の5万600人、2位はタイの2万8608人、3位はパキスタンの2万8023人で、インド2万3198人、米国2万996人、ロシア1万9239人、インドネシア1万5050人と続いた。なお、日本は9位で1万4230人だった。

留学先の省市別では、北京、上海、江蘇、浙江、遼寧、天津、広東、湖北、雲南、山東の順となった。

~北京天津ジャピオン2019年4月22日号~

上海天益成広告有限公司 株式会社ベイエリア

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。