北京・天津のニュース 記事

Q1の可処分所得と消費額 北京は上海に次いで全国2位

【京津5月11日】国家統計局が近ごろ発表した中国31の省・直轄市・自治区における2019年第1四半期の可処分所得トップ5は上海市、北京市、浙江省、江蘇省、天津市となった。平均消費支出のトップ5は上海市、北京市、浙江省、天津市、広東省だった。

可処分所得とは最終消費支出と貯蓄額の合計のことで、所得のうち自分の意志で使える部分を指す。

第1四半期の可処分所得は上海市が1万8704元、北京市が1万7069元、天津市は1万1855元。トップ5に加えて6位の広東省、7位の福建省も1万元を超えた。

消費支出とは生活に必要な商品やサービスを購入した際の支出。

第1四半期、上海市の消費支出は1万1677元、北京市は1万637元、天津市は8172元だった。

またこの第1四半期、北京市の市場総消費額は6280億元で、前年同時期に比べて6.8%増となった。中でも情報、スポーツ関連、医療、教育といったサービス分野の消費が全体の56.2%を占め、総消費額の増加に大きく貢献した。

北京市は輸出入総額も増加し、輸入が5460億元で9.8%増、輸出が1170億元で1.9%増となった。

~北京天津ジャピオン2019年5月20日号~

北京・天津のニュース ページランキング トップ10★

    None Found
上海天益成広告有限公司 株式会社ベイエリア

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。