北京・天津のニュース 記事

〝旅行後に18着返品〟で物議 ネット通販規定の落とし穴

【京津5月12日】最近、ある女性が淘宝(タオバオ)で購入した衣服18着を旅行先で着用し、写真を撮った後、全品返品したことが物議を醸した件を受け、アリババ(阿里巴巴)グループ広報部は5月12日(日)、双方が協議を行った結果、9着は返品不可となったことを明らかにした。

当事者である淘宝(タオバオ)の販売主によると、女性は〝五一(労働節連休)〟前に総額約4600元に上る衣服18着を購入し、連休後に「気に入らない」という理由で返品。その後、女性が返品した衣服を旅行先で着用し、撮影した写真を微信のモーメンツに投稿していたことが判明し、販売者の怒りを買っていた。

これを受け、消費者側の「ネット通販商品の7日間無条件返品規定」で返品された衣服が再び販売されることへの衛生面等の不安、販売側からは規定を悪用する〝試着族〟が潜在していることが指摘されていた。

~北京天津ジャピオン2019年5月20日号~

 

上海天益成広告有限公司 株式会社ベイエリア

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。