北京・天津のニュース 記事

北京の日本料理店は2454店 日本食ブームは年々拡大化

【北京5月17日】北京市商務局は5月17日(金)、「アジア美食文化フォーラム」の席上で「アジア飲食発展報告」、「2019アジア美食消費動向報告」を発表した。これによると、北京にあるアジア料理店4399店のうち、日本料理店が最多の2454店を占めることがわかった。

2位は韓国料理店1549店、3位はタイ料理店124店だった。

同局局長によると、中国大陸におけるアジア料理店の店舗数は継続的に増加しており、前年同期比で50%超の増加率となる。18年末までに、15年比で約4倍にあたる12万店に上る。このうち、日本料理店が占める割合は約53%、韓国料理店が約36%、タイを含む東南アジア料理店が約7.5%となっている。

~北京天津ジャピオン2019年5月27日号~

上海天益成広告有限公司 株式会社ベイエリア

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。