北京・天津のニュース 記事

北京発着「復興号」新ダイヤ 厦門、中国香港直結列車が増便

【北京6月27日】中国鉄路北京局が7月10日(水)より実施する新版列車運行ダイヤによると、北京始発・終点の高速鉄道「復興号」が従来より4本増え、連日17都市を結ぶ188本を運行する。

現在、北京南―上海虹橋駅間を結ぶ京滬高速鉄道、広州までを結ぶ京広高速鉄道などで「復興号」を運行。北京から南京、杭州、合肥、広州、武漢、長沙、成都、瀋陽などの省都と直結している。これに加え、新たに厦門行きの列車が開通、威海、西安、中国香港に直結する列車が増便する。

このほか「復興号」では、旅客の食習慣に合わせた6段階の価格の全18種類の弁当を提供。新たにベジタリアン向けの弁当や「全聚徳」の北京ダック、「北冰洋」のサイダーなど、北京の特産や「干炒牛河(牛肉入り焼き麺)」、肉まんなどの地方の伝統的な料理がメニューに登場している。飲食は専用アプリで予約後、1時間以内に座席に届けてくれる。

 

~北京天津ジャピオン2019年7月8日号~

上海天益成広告有限公司 株式会社ベイエリア

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。