北京・天津のニュース 記事

上半期北京PM2・5 史上最低記録を更新

【北京7月8日】北京市生態環境局によると、今年上半期(1~6月)の北京の「PM2・5」累計濃度は1立方メートルあたり46マイクログラムと、同期の史上最低記録を更新した。

同局の大気処処長によると、目下、北京は全国初の石炭汚染問題を基本的に解決した都市であり、北京市の二酸化硫黄濃度は2013年の1立方メートルあたり27マイクログラムから18年には6マイクログラムに低下。この値は欧米諸国の先進国及び地区と同等。

一方、自動車に関しては20年末までに北京市の新エネルギー車(NEV)の台数は40万台に達する見込みで、目下、北京の電気自動車は27万台となっている。

 

~北京天津ジャピオン2019年7月15日号~

上海天益成広告有限公司 株式会社ベイエリア

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。