北京・天津のニュース 記事

北京バスでQRコード乗車開始 アプリ使用で運賃は5割引に

【北京9月1日】北京公共交通集団は9月1日(水)より、QRコード読み取りによる乗車サービスを試験的に開始した。

同集団によると、目下、市内6区約1000路線の約2万台の公共バスに新機器を設置、一部の郊外区路線を除き、11月前には全車両での設置が完了するという。QRコード読み取り乗車サービスが可能なバスは、車体の公交集団のロゴが目印となっている。

「北京公交」アプリを使用した乗車は先乗り後払いのシステムで、デポジットなし、チャージも不要、運賃は通常より5割引の優待が受けられる。また、QRコード読み取りのほか、交通カード「一卡通」使用のニーズに合わせ、両用機器を採用。新機器は液晶画面に乗車路線、乗車バス停名、乗車料金が表示される。QRコード読み取りが成功すると、画面表示と音声で通知。新機器の反応は素早く、エラー率も低いのが特徴だという。

公交集団技術部門の責任者によると、目下、公交集団は軌道交通と共同でQRコード読み取り乗車の調整を行っており、将来的には「北京公交」アプリ、「億通行」アプリで公共バスだけでなく、地下鉄の乗車も可能になるとしている。

 

~北京天津ジャピオン2019年9月9日号~

上海天益成広告有限公司 株式会社ベイエリア

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。