北京・天津のニュース 記事

最愛のペットをクローン再生 費用は犬38万元、猫25万元

【北京9月16日】「2019年中国ペット産業白書」によると、19年の中国都市・近郊のペット犬・猫数は前年比18.5%増の9915万匹(頭)に達した。この影響を受け、注目を浴びているのがペットクローンサービスだ。

国内で同サービスを提供している「北京希諾谷生物科技有限公司」は、14年よりペットクローンサービスの準備に着手。約3年の研究開発期間を経て、17年に国内初のクローン犬「龍龍(ロンロン)」誕生に成功した。チームは70人で、このうち研究開発スタッフは30人を超える。

同社の実験室は細胞保存室、生物実験室、手術室などに分かれており、生物実験室では細胞の観測、培養、融合などの操作を行う。サービスの過程は予約、協約へのサイン、サンプル採集、クローン生成、受け渡し(支払い)の順で、クローン犬の費用は38万元(約580万円)、猫は25万元(約381万円)。これ以外にサンプル採取出張費5000元、サンプル保管料が年間4000元。クローン犬・猫生成には10個の胚細胞を一組とし、3~4組の胚細胞を複数の代理出産犬・猫に移植。この中から1匹のクローンが誕生する。目下、犬の成功率は50%だとしている。

 

~北京天津ジャピオン9月23日号~

上海天益成広告有限公司 株式会社ベイエリア

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。