北京・天津のニュース 記事

中秋節の夜間消費が大幅増 北京が一線都市のトップに

【9月15日】北京市商務部は9月15日(日)、中秋節三連休における消費活動について発表した。これによると北京市では特に夜間消費が前年同時期比で26%増と大幅に伸び、一線都市(北京、上海、広州、深圳)のトップに躍り出た。

これは銀聯、美団、高徳などネットビジネスプラットフォームのビッグデータを分析したもので、今年の中秋節は夜間イベントや営業時間の延長を行った店が多く、これが消費拡大につながった。

老舗菓子店の稲香村ではナイトセールを行い、キャピタルやサイテックといったアウトレットモールも営業時間を延長した。国貿や三里屯などのショッピングエリアでは18時から翌6時までの夜間に消費活動をした人はのべ1万人を超えた。

また連休期間中に市内の公園で観月や月餅づくり、音楽イベントなどを楽しんだ人も多く、入場者数トップ3は頤和園、天壇公園、北京動物園だった。

 

~北京天津ジャピオン9月23日号~

上海天益成広告有限公司 株式会社ベイエリア

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。