北京・天津のニュース 記事

「U・S・北京」リゾート計画 専用バスやシェアカー導入へ

【北京9月7日】中国の投資会社である首旅集団総経理は最近、2021年にオープン予定の「ユニバーサル・北京・リゾート」に関する計画を明かした。

総経理によると、同リゾートの交通に関しては、約300㎞範囲内をカバーする観光専用バスを開通する計画。また、大型交通ステーションを設置し、スマホで乗車から自動決済、ドアのロックまでが可能なカーシェアリングサービス(シェアカー)を導入する計画を進めている。

一方、リゾート内の飲食に関しては、「全聚徳」、「東来順」などの〝老字号(政府認定の老舗)〟企業が入居する。

同リゾートの一期工程は占有面積約1.69平方㎞、7つのテーマエリアを擁する「ユニバーサル・スタジオ・北京」と世界初の「ユニバーサル・スタジオ・ホテル」、首旅集団傘下の「諾金(ヌオジン)度假酒店」、複合商業施設の「ユニバーサル・シティウォーク・北京」の建設を予定している。

~北京天津ジャピオン9月14日号~

上海天益成広告有限公司 株式会社ベイエリア

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。