北京・天津のニュース 記事

働く若者の〝幸福感〟調査報告 7割が仕事に対する幸福感あり

【京津12月19日】 最近、中国青年報社社会調査中心は、若者の幸福感に関する調査報告を発表した。これによると、回答者の69・9%が「職業に対する幸福感が高い」とし、「幸福感が低い」としたのは30・1%だった。そのうち、「自分の好きな職業に従事」する若者の幸福感は91・3%だった。

同調査は18歳~35歳の1983人に対し、アンケートサイトを利用して回答を得たもの。

一方、都市別で見ると、二線城市(上海、北京、広州、深セン以外の中東部の省会都市及び沿海都市など)の幸福感が74・5%と最も高く、一線城市(上海、北京、広州、深セン)の69・9%を上回った。学歴別では、修士及び修士以上卒が82・4%、本科卒が70・4%だった。

なお、幸福感が低いと回答した主な原因は、「給与待遇」が60・7%、「人間関係が複雑」が39・9%、「自身の仕事に対する将来設計が不明瞭」が38・2%、「仕事の負担が大きすぎる」が35・7%となっている。

~北京天津ジャピオン2017年12月25日号~

北京・天津のニュース ページランキング トップ10★

    None Found
上海天益成広告有限公司 株式会社ベイエリア

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。