北京・天津のニュース 記事

胡同の違法建築取り壊し中に明代内金水河の遺跡を発見

【北京1月22日】最近北京市考古工作報告会で、西城区什刹海で違法建築の撤去作業中に、西板橋と内金水河の遺跡が発見されたと発表があった。遺跡は明代故宮の用水研究の貴重な実物資料となる。

昨年8月上旬、什刹海街道の違法建築取り壊し作業中、恭倹胡同の南端で西板橋の遺跡が見つかった。続いて、9月16日から文物部門が橋とその西側の河の発掘を始めた際に、古い橋板、暗渠、護岸提などの遺跡を発見。年末までに発掘面積は305平方mに達し、橋の全体像が明らかになった。

この西板橋は全長6・5mのアーチ橋で、高さは1・7m、アーチの幅は2m。明代の内金水河にかけられた小さな橋で、河はこの橋の下を抜け、南へ折れて、最終的に故宮の筒子河へと流れ込む。また、今回合わせて発見された内金水河には、切石で護岸工事も施されていた。

~北京天津ジャピオン2018年1月29日号~

北京・天津のニュース ページランキング トップ10★

    None Found
上海天益成広告有限公司 株式会社ベイエリア

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。