北京・天津のニュース 記事

北京で4日間の〝高考〟始まる 受験会場は感染予防に厳戒態勢

【北京7月8日】今年の〝高考〟(大学統一入学試験)が、7月7日(火)にスタートした。北京市では、4.9万人の受験生が市内132の学校に設けられた会場で4日間にわたる試験に臨んだ。

今年は新型コロナウイルスの影響で、例年より1カ月遅れの実施。感染を防ぐため、各会場では徹底した予防対策が採られた。

豊台区の北京第十二中学では、開門1時間前から学校前の道路に消毒液を散布し、係員が人の流れを調整。受験生はマスク着用の上、1メートルの間隔を開けて入場し、入り口では検温と手の消毒が行われた。

付き添いの保護者に対しても、密集を避けるため多くの会場で校門外に専用の待機エリアを設置。試験終了後、受験生らは係員の案内で速やかに帰宅した。

また今年は、国語の短作文の選択テーマに「コロナ流行下での物流に貢献した配達員への賛辞の詩」が採用されるなど、世相を反映した出題となった。

~2020年7月13日北京天津ジャピオン~

上海天益成広告有限公司 株式会社ベイエリア

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。