北京・天津のニュース 記事

北京ゴミ管理条例施行3カ月 個人の違法行為が全体の58%に

【北京8月3日】北京市城市管理委員会は8月3日(月)、「北京市生活ゴミ管理条例」施行から3カ月が経過したことを受け、記者会見を開いた。その席上で5月1日(金)~7月31日(金)までに、個人によるゴミ分別違法行為が3323件に上ったことを明かした。

北京市城市管理総合行政執法局副局長によると、同期間に生活ゴミの分別を担当する事業所18万6600カ所で検査を実施、このうち7.37%にあたる1万3900カ所で問題が見つかった。また、取り締まりの対象となったゴミ分別違法行為は合計6690件、このうち市民からの通報が多く、深刻な違法行為が99件、個人による違法行為は3323件だった。なお、取り締まりを受けた個人の比率は5月の34.04%から7月は58.20%に急増、個人に対する検査や処罰の強化をうかがわせた。区別でみると、ワースト3は房山、豊台、石景山区の順だった。

問題が見つかった区域は主に住宅街の周辺道路に集中しており、違法行為の内容は具体的に、ゴミ分別に則した収集容器にゴミを捨てない、勝手に投棄する、ゴミをまき散らかす、積み上げる、違法な建設廃棄物を捨てるなどだった。

~北京天津ジャピオン2020年8月10日号~

上海天益成広告有限公司 株式会社ベイエリア

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。