北京・天津のニュース 記事

“春運”前年比43%減 帰省ピークは2月8日

【北京1月15日】北京市交通委員会は1月15日(金)、2021年の“春運(春節期間の帰省ラッシュ)”期間、北京発の鉄道及び民間航空利用者数は1342万人で、前年比43%減となる見込みだと発表した。

鉄道の帰省ラッシュのピークは2月8日(月)、Uターンラッシュのピークは2月28日(日)の見込み。

一方、公共交通、公共道路交通量は例年より増加する見込みで、公共バスの利用者数は約2億人で前年比36%増、軌道交通利用者数は約2.8億人で前年比78%増と予測されている。

21年の春運は1月28日(木)~3月8日(月)までの40日間。

~北京天津ジャピオン2021年1月25日号~

上海天益成広告有限公司 株式会社ベイエリア

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。