北京・天津のニュース 記事

北京の住宅契約数が64%減 業界関係者はバブル崩壊を否定

北京市住宅都市農村建設委員会は、この度、6月1日(日)~8日(日)までの住宅契約件数を発表した。
これによると、新築物件600件、中古物件1085件の合計1685件に留まり、前月同期と比べて15.8%減、前年比では64%減となったことがわかった。
15日(日)までには、6月の住宅契約件数は合計5000件となり、前月同期比で8.11%減、前年比で49.9%まで盛り返した。
しかし、市の不動産市場は低迷が続いており、15日の時点で新築物件の在庫数は7万7000戸と、昨年1月以来の最高値を記録。
また、4~6月の新築物件の成約価格の平均は、1平方?当たり2万5300元と、前四半期の2万7700元から下落している。
これに対し業界関係者は、価格下落は不動産バブル崩壊の開始ではなく、価格調整期に入ったものと分析する。
(6月17日)

 

 

 

~北京・天津ジャピオン2014年6月23日号

北京・天津のニュース ページランキング トップ10★

    None Found
上海天益成広告有限公司 株式会社ベイエリア

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。