北京・天津のニュース 記事

時速350km復興号〟全行程を30分短縮化

【京津9月22日】北京鉄路局は9月21日(木)より、北京―上海間を結ぶ京滬高速鉄道の動車組(新幹線)〝復興号〟を時速350kmで運行すると発表した。

これにより、全行程は約30分短縮され、北京―上海間の乗車時間は約4時間半、天津―上海間は約4時間となる。

なお、〝復興号〟列車内では専用のフリーwifiが利用できるほか、食堂車ではアリペイ(支付宝)での支払い機能も増設している。

~北京天津ジャピオン2017年10月09日号~

北京・天津のニュース ページランキング トップ10★

    None Found
上海天益成広告有限公司 株式会社ベイエリア

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。