北京・天津のニュース 記事

北京の消費者クレーム状況分析 6月、11月の大型セールに集中

【北京3月12日】最近、北京市工商局が発表した「2017年度消費者クレーム状況分析」によると、同年に受けた消費者クレーム数は前年比18・8%増の約18万8500件だった。

このうち、6月、11月のクレーム数が激増、主な原因は〝6・18(ecサイト「京東」の大型セール)〟、〝双十一(11月11日のシングルデーセール)〟、〝黒五(11月第4木曜日のブラックフフライデーセール)〟だった。

同年の商品類クレーム数は約11万5065件で、全体の61・03%を占めた。商品別では、スマホ・デジタル類が前年比30・08%で全体の15・63%、家電類が最多の60・55%を占めた。主に大型家電、厨房器具、パーソナルケア機器に集中した。

なお、ecコマースでのショッピングクレーム数は前年比11・09%減の約12万5390件、全体の66・51%を占めた。北京市工商局は16年8月に京東、天猫、アマゾンなど12の大手ecサイトと消費者権益保護に関する協定を締結している。

~北京天津ジャピオン2018年3月19日号~

北京・天津のニュース ページランキング トップ10★

    None Found
上海天益成広告有限公司 株式会社ベイエリア

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。