北京・天津のニュース 記事

北京市民の環境意識調査結果 pm 2・5認知度は94%に上昇

【北京5月27日】最近、調査機関「清研智庫」が発表した「2013―17年北京市公衆環境意識調査分析結果」によると、市民のpm 2・5に対する認知度が13年の86・6%から16年には93・8%に上昇していることがわかった。

同調査は北京市16区および経済技術開発区で5年間継続して行ったもの。調査によると、pm 2・5や環境保護政策に対する認知度、北京の環境レベルへの満足度は、ともに上昇。「北京市空気重汚染応急予案」に対する認識は27・8%から36・7%に上昇した。

pm2・5の要因として、回答者の72・4%が機動車の排気ガスだとし、50%が塵ホコリだと回答。また、冬季に重度汚染が現れる要因としては、「集中暖房により汚染排出が増加」(64・3%)、「汚染排出量が依然として環境容量を超過」(56・4%)、「風が吹かない天候が汚染物の拡散に不利」(51・1%)、「北京の地形の特徴が汚染物の排出に不利」(46・4%)という認識だった。

~北京天津ジャピオン2018年6月4日号~

北京・天津のニュース ページランキング トップ10★

    None Found
上海天益成広告有限公司 株式会社ベイエリア

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。