北京・天津のニュース 記事

18年消費者満足度調査報告 北京市は6位、天津市は30位に

【京津2月26日】中国消費者協会は2月26日(火)、「2018年70都市消費者満足度測定評価報告」を発表した。これによると、北京市は6位、天津市は30位だった。

調査の結果、全国70都市の総合得点は73・68ポイントで、このうち61都市が良好レベルを示す70ポイントを上回った。消費者満足度のうち、消費環境への満足度は76.11ポイント、消費供給は75.72ポイント、消費権利保護は66.33ポイントで前年を0.59ポイント下回った。

上位10都市は、江蘇省無錫市(75.82)、江蘇省南通市(75.79)、上海市(75.54)、広州市(75.12)、厦門市(74.8)、北京市(74.67)、南京市(74.63)、浙江省金華市(74.57)、済南市(74.49)、寧波市(74.29)の順だった。無錫市は2年連続の首位で、上位10都市のうち長江デルタ地区が6都市を占めた。

一方、ラサ市(63.16)は2年連続で最下位となった。

~北京天津ジャピオン2019年3月4日号~

上海天益成広告有限公司 株式会社ベイエリア

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。