北京・天津のニュース 記事

東京行きCA便の発煙事故 預け荷物のストロボが関連か

【北京8月27日】中国民用航空華北地区管理局によると、北京首都空港で8月27日(火)に北京発東京行きの中国国際航空「CA183」便貨物室から煙が発生した件について、預け荷物の中に車用エアーポンプ、プラスチック容器、フラッシュ・ストロボライト、衣類などがあったことがわかった。

民間航空システムスタッフによると、当日16時35分に旅客の搭乗が開始し、16時48分に旅客147人全員が搭乗を終えた際、乗務員が異音と刺激臭に気付き、ハッチドアとボーディング・ブリッジの接続部分から白い煙が上がっているのを発見。遭難信号を発信し、約1分で旅客全員を避難させていた。

目下、発煙の原因は調査中だとしている。

 

~北京天津ジャピオン2019年9月9日号~

上海天益成広告有限公司 株式会社ベイエリア

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。