北京・天津のニュース 記事

国際航空券入手難で詐欺が横行 留学生被害総額は170万元に

【北京7月19日】ウェイボー(微博)やWeChat(微信)で最近、国際線航空券の予約代行を偽り、海外在住の中国人留学生から大金を騙し取る事件が相次いでいる。ある統計によると、7月18日(土)までに合計65人がこの手の詐欺に遭い、被害総額は約170万元に上っている。

一例を挙げると、米国に滞在中の中国人留学生は今年6月末、国際航空券の入手が困難な状況下で出国期限が迫り、ウェイボーで見つけた「龍騰国際特価航空券」名義のアカウントに連絡。個人情報を提供した後、航空券情報を受け取り、保証金1万元を支払ったところ、先方は全額を要求。さらに1万4000元を支払った後、音信不通になったという。

被害者らによると、詐欺のアカウントは複数に及び、中には正規の旅行会社「北京引領假日国際旅行社」の関係者であるとほのめかす情報もあった。

企業名を騙られたことを受け、「北京引領假日国際旅行社」は7月11日(土)、同社とは無関係の詐欺だとの声明を発表。同社の営業許可証や経営許可証が悪用されていた件について、顧客に信用させるために提示することもあったとし、企業情報の漏えいが発生した可能性を指摘している。

~北京天津ジャピオン2020年7月27日号~

上海天益成広告有限公司 株式会社ベイエリア

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。