北京・天津のニュース 記事

北京城市副中心のランドマーク 「北京タワー」、23年竣工へ

【北京9月2日】最近、通州区運河商務区に建設中の「北京タワー(北京塔)」が、高さ300mメートル(日本一の超高層ビル「あべのハルカス」に相当)の北京城市副中心のランドマークとなることがわかった。

北京城市副中心五河合流エリアに位置する運河商務区は、企画面積20.38平方㎞。北側の新城金融服務園区、運河商務区起動区、東側の0101街区(副中心駅総合交通中枢)の3区で形成される。運河商務区管理委員会副主任によると、同区はビジネス機能をスムーズ化する重要なキャリアであり、金融や経済の発展において重要な役割を担う。目下、企業55社の入居が決定しているという。

運河商務区に建つ新光大公寓楼の41階からは、一面の緑地と大運河で形成された自然の風景が一望できる。運河商務区は約1000万平方メートルにオフィスビル、商業ビル、マンション、ホテルなどの総合事業を展開する計画で、このうち最高層建築物が新光大中心の北京タワーとなる。新光大中心は北京タワーを含む130~300メートルの6棟の高層建築から構成されるという。

北京タワーは現在、2023年の竣工に向け、急ピッチで建設を進めている。

~北京天津ジャピオン9月7日号~

上海天益成広告有限公司 株式会社ベイエリア

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。